Platform ID サービス利用規約 TERMS OF SERVICE

本規約は、株式会社Platform ID(以下、「甲」という)が提供する本規約に定めるサービスの利用を希望するお客様(以下、「乙」という)が、甲と別途取引基本契約書(以下「基本契約」という)を締結し、本利用規約の内容を同意・承諾のうえ、基本契約に定める個別契約(基本契約書第6条)を甲と締結することにより、甲の各サービスを利用する乙との間に適用されるものとします。なお、本規約に定めなき事項については、基本契約が適用されます。

第1条

本利用規約にて用いる用語の定義は、別段の定めのある場合を除き、以下の各号に定めるとおりとする。

  1. 「Xrost」とは、甲が提携する第三者が取得した実店舗における消費者の商品購買情報、サービス提供情報もしくはインターネット上で甲が提携する第三者の取り扱うウェブサイトにアクセスした消費者の行動履歴をCookieの付与した情報として蓄積したオープンデータプラットフォーム(以下、「Xrostシステム」という)の名称である。なお、疑義を避けるため、Cookiの付与された消費者の行動履歴は、消費者の個人情報は含まれていない。
  2. 甲が提供するターゲティング広告は、甲が運営するXrostシステムに保有する情報を甲が提携する第三者が運営する配信システム(複合の媒体上の広告枠を一元管理できるシステムのもと束ねられた広告枠群であって、媒体の運営者が甲と提携する第三者と提携しているものをいう)を利用し、甲が提携する第三者が有する広告枠に、広告を配信する次の各号に定めるサービスをいう。
    ① 「Real Audience Targeting」とは、甲が提携する第三者が保有する消費者の登録情報や実店舗での購買履歴情報等に基づくcookieが付与されたコンピューター端末に対し広告配信する。
    ②『Premium Audience Targeting』とは、甲が提携するウェブサイトを甲が属性ごとに分類し、当該属性に基づいた専門サイトを閲覧したcookieが付与されたコンピュータ端末をターゲットとして広告配信する。
  3. 甲が提供する分析サービスは次の各号に定めるサービスをいう。
    ① 『In Store Attribution』とは、Real Audience Targetingで消費者に対し配信した興味・関心ある広告が、消費者の実店舗における購買行動にどのような影響を与えたか分析・レポート化するサービスをいう。
    ② 『Insight』とは、乙が運営するウェブサイトに来訪した消費者の「性別」「年齢」「居住地」「アンケート」「購買」のいづれかを甲が独自に定める基準に基づき分析しレポート化する業務をいう。なお、Real Audience Targeting配信後の消費者の購買分析は除くものとする。
  4. 「Cookie」とは、あるウェブサイトを閲覧したユーザーのコンピュータ端末等に、当該ウェブサイトを閲覧した日時、当該ウェブサイトの閲覧回数等を記録させることを可能とするファイルをいい、一般に、当該ファイルを特定のコンピュータ端末等に付与することにより、当該ウェブサイトを閲覧したユーザーのコンピュータ端末等を識別したうえで、当該ウェブサイト上における当該ユーザーの行動履歴の収集を可能とするものをいう。
  5. 「タグ」とは、ウェブページの記述に使用されるHTML又はXML形式の文字列であり、ウェブページのソース中に組み込むことにより、当該ウェブページ上に付加的な効果(他のウェブサイトへのリンク設定やフォントの変更等。本規約に基づく取組においては、特定の広告の配信とCookieの付与)を生じさせることを可能とするものをいう。
  6. 「ユーザー」とは、インターネットその他の通信手段又は電磁媒体を通じて乙サイトを利用するものをいう。なお、ユーザーが閲覧、仕様する際の端末機器は問わないものとする。
  7. 「本件広告」とは、広告掲載サイトに掲載される広告主の広告をいう。本件広告には、甲が指定するCookieが付与されたユーザーの行動履歴に基づき分析される当該ユーザーの趣味思考に適合する広告であって、cookieを付与したユーザーが閲覧した広告が含まれる。

第2条(提供サービス)

  1. 甲が乙に対し提供するサービスは、別紙「Platform IDサービス一覧」に定めるものとする。
  2. その他、前項に付帯するサービス

第3条(計測対象となる顧客データ)

甲が提供する各サービスは、甲が指定するCookieを付与されたユーザー情報に限られるものとする。甲又は甲が提携する第三者は、当該ユーザー情報を独自の基準で分類・分析を行う。なお、甲又は甲が提携する第三者は、当該ユーザー情報を取得するにあたり、ユーザーの多種多様な行動履歴又は興味・関心事項について個人を特定することができない状態で収集しており、個人情報の取得を行わないものとする。

第4条(業務の終了)

  1. 甲は個別契約で定める期日まで業務を実施し、業務終了後(継続的取引においては毎月末日)、 乙に対し電磁的記録又は文書による方法で業務の終了を通知する。なお、甲は提供サービスに対す る成果を明確とするため乙に対しレポート提供することができるものとする。
  2. 甲及び乙は、地震、台風、津波その他の天変地異、戦争、暴動、内乱、政府、地方公共団体の命令、法令規制、法令の改正など甲の責めに帰すことのできない事情(以下「不可抗力」という)により本利用規約又は個別契約の全部または一部が不履行または履行遅滞となった場合、甲はその責任を負わないことについて予め同意する。

第5条(Xrostシステム)

  1. 甲は、乙に対し、本規約に定める甲のサービスを利用するために必要な範囲において、Xrostシステムを利用する権限を付与する。
  2. 乙は、Xrostシステムを利用するために必要となるID及びパスワードを善良なる管理者の注意をもって取り扱うものとし、第三者に貸与又は譲渡し、その他これらに類する行為を行ってはならないものとする。なお、ID及びパスワードの紛失等に関連し、乙に生じる損害につき、甲は一切責任を問わないものとする。
  3. 乙は管理画面上に表示される指示に従い、パスワードを定期的に変更しなければならない。

第6条(Xrostシステムの運営の停止)

甲は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じたときは、又はこれらに該当するおそれがあると判断したときは、 事前に乙に通知したうえで、Xrostシステムの運営(本件広告の配信を含む)の全部又は一部を停止することができる。 但し、緊急やむを得ないときは、かかる通知を事後遅滞なく為すことで足りる。

  1. サービス運営のために必要となるサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、データ更新等の必要があるとき。
  2. サービス運用のために必要となる設備の故障その他やむを得ない事情があるとき
  3. 甲の責めに帰すべき理由によらず、電気通信事業者が電気通信サービスの提供を停止したことにより、これらの運営が困難となったとき。
  4. 乙が別途締結の基本契約書第19条(解除)各号のいずれかに該当したとき、もしくは該当するおそれがあると判断したとき又は本規約に違反したとき。
  5. 本件広告の内容が第三者の権利を侵害し、若しくは何らかの法令に違反していることが判明したとき、これらに該当するおそれがあると甲が判断したとき、又はこれらに該当すると第三者より申立てを受けたとき。

第7条(Xrostシステムの機能の停止/廃止)

  1. 甲は、乙に1ヶ月前までに通知することにより、Xrostシステムの全部又は一部を廃止することができる。Xrostシステムの機能の廃止についても同様とする。
  2. 甲は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じたとき、又はこれらに該当するおそれがあると判断したときは、乙に通知することにより、各サービスの全部又は一部を停止することができる。但し、緊急やむを得ないときは、通知しないことがあることについて乙は予め承諾する。
  3. (1)これらの運営のために必要となるサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、データ更新等の必要があるとき
    (2)これらの運営のために必要となる設備の故障その他やむを得ない事情があるとき
    (3)電気通信事業者が電気通信サービスの提供を停止したことにより、これらの運営が困難となったとき
    (4)乙が基本契約書第19条に定める解除事項のいずれかに該当したとき、若しくは該当するおそれがあると甲が判断したとき又は本規約に違反したとき
    (5)本件広告の内容が第三者の権利を侵害し、若しくは何らかの法令に違反していることが判明したとき、これら に該当するおそれがあると甲が判断したとき、又はこれらに該当すると第三者より申立てを受けたとき
    (6)地震・洪水その他の天災地変、火災、ストライキ、戦争・内乱、政府による規制、その他甲が制御できない事由が生じたとき

第8条(免責)

  1. 甲は、乙によるXrostシステムの利用に起因して乙に損害が生じた場合といえども、何ら責任を負わない。
  2. 甲はXrostシステムの運営が停止又は廃止されたことにより、乙に損害が生じた場合といえども、何ら責任を負わない。

第9条(Xrostシステムに関する権利)

  1. Xrostシステムに関する一切の権利は、甲又は甲にライセンスを許諾した第三者に帰属する。乙はXrostシステムの複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他、甲の知的財産権を侵害する行為を一切行ってはならない。
  2. 乙は、甲の事前の書面による承諾を得ることなく、甲の商号、商標及びロゴマークを使用してはならない。
  3. 乙は、甲により提供されたタグにかかる一切の権利が、甲に帰属するものであることを認識する。乙は甲より提供されたタグを、本契約の履行以外の目的に使用してはならない。
  4. 本契約が終了する場合、乙は、契約終了日までに、甲より提供されたタグを乙サイト内から削除しなければならない。

第10条(変更)

  1. 甲は、別途締結した基本取引契約書に記載された乙の住所もしくは本サービス利用に際し通知された乙の連絡先に通知し、又はURL(http://www.platform-id.jp/…にて表示される ウェブサイト上に変更された本規約を掲載することで、随時本規約を改訂することができる。甲が通知を発信した日、又は本項第1文記載のウェブサイト条に変更後の内容の掲載が開始された日のいずれか早い方の日から15日以内に乙が異議を述べなかった場合、乙が当該変更内容に同意したものとみなす。
  2. 甲は、事前に乙に通知することなく、Xrostシステム(管理画面を含む)の使用の全部又は一部を変更することができる。但し、かかる変更がサービスを利用する乙に重大なものであると甲が判断する場合、甲は、前項に準じて、乙に対して事前の通知を行うものとする。

別紙)Platform ID サービス一覧

種類 サービス名
ターゲティング広告 Real Audience Targeting
PremiumAudience Targeting
※Private AD Network
分析サービス In Store Attribution
Insight

※Private AD Networkは、当社が運営する広告掲載サービスにお客様の希望する名称を付して、お客様の顧客に販売する権利を付与するサービスです。ご利用を希望される場合、別途ご相談ください。


以上

制定・施行 2015年6月30日
株式会社Platform ID
代表取締役社長 野内 敦